「 水・分・補・給 」


 夏到来!暑い日が続きます。今回は暑い日に役立つ水分補給についてのお話です。我々の体の60~70%が水分で出来ています。それを「体液」とよび、成分は海の成分とほぼ同じでできています。人間に必要な1日の水分量は約2.5リットル。体内から2%の水分が減少すると運動能力が20%の低下すると言われています。6%で目がくぼみ、7~14%で精神に異常をきたします。「のどが渇いたなぁ」と思った時には、もうすでに2~3%の水分が減少していますので実はもう遅いのです。早めの水分摂取を! ※対策法としては、朝起きたら、いっぺんではなく、こまめに水分を補給する。(一口、二口に分けて補給)朝一番に飲む水を「宝水」と言う。また、いち早く水分を体内に吸収させるには、スポーツドリンクが良い。ただ、そのままで摂取すると糖分が多いので、水で2倍に薄め摂取。みなさん、早めの水分補給で厳しい夏を乗り切りましょう。

文:鵜澤正典(SCC理事・大門接骨院 院長)

大門接骨院

048-878-4177
http://www.honedaimon.com
〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大門2868-37